FC2ブログ

記事一覧

おもらし同人誌レビュー⑧ 【おしっ娘は毎日だって大戦争!/黄金水大好きー(表紙絵:竹梅)】(オリジナル)

前回のレビューで、「もっと挿絵があった方が良かった」作品について語った。果たしてあの評価で良かったのかどうかは分からないが、僕なりに全力でペンを走らせたつもりである。しかしブログを更新した後、僕の頭の中で新たな疑問が生まれた。『では、逆に挿絵を必要としないおもらし小説って何なんだろう?』文章力……ではない。肌色黄金水先生の作品(同人誌レビュー⑦参照)は、とても洗練された作りとなっていたし、読み物として...

続きを読む

おもらし同人誌レビュー⑦ 【TRUE iDOL SHOW/肌色黄金水】(アイドルマスター)

これまで読んできたおもらし同人誌は、基本的に心が温まるものが多かった。主人公の女子(男目線の作品もあったが)がオシッコを我慢出来ず、おもらし(おねしょ)をしてしまい、目撃した相手に優しくお世話してもらうベタなものから、ワザと粗相をして解放感に身を委ねるものまで様々だが、最終的には主人公が失敗を受け止め、前に進んで行く一種の児童文学のような空気感すら漂っていたのだ。しかし、今作は違う。今までは大きく路線...

続きを読む

おもらし同人誌レビュー⑥ 【危ないふたり/にゃこ(イラスト・はがー)】(オリジナル)

この【おもらし同人誌レビュー】も、今回で六作品目となるが……ここまでレビューしてきた作家さん達の殆どは、数年前から存じ上げていた。勿論、ネットの投稿サイトやTwitter等のSNSが殆どだが、今回手に取ったにゃこ氏の作品は本当に今回が初めてだった。「し〜むす!」で直接お会いして、お話を聞く内に興味をそそられ今作の購入を決めた。何事も「初めて」というのは刺激的だ。創作物にはその人の内面が隠されているというが、今...

続きを読む

おもらし同人誌レビュー⑤ 【蜂蜜色のみずたまり/志月さら】(オリジナル)

同人作家の方々の目標は何なのだろう。やはりプロの商業作家なのかな…なんてことを漠然と考えていたら、ネットの記事で、【同人で満足している人はプロの漫画家にならなくてもいい】ーーという、ある編集さんのお言葉を目にした。同人と商業はスケールが違うということか。そう考えると、お漏らしの「小説」や「漫画」一本で食べていくのは難しいのかもしれない。ニッチで大衆向けじゃなくて、アンゴラ臭(後、アンモニア臭^ ^)が半...

続きを読む

おもらし同人誌レビュー④ 【艦これおねしょ合同vol.5 World Wide Wetting!!!】 (艦隊コレクション〜艦これ〜)

作者(発行者)いしまるサルファー、放浪猫、666 他もし自分が、おもらしやおねしょをテーマに小説を書くとしたら、表紙はイラストレーターさんに依頼をして、話中の粗相シーンの挿絵を沢山描いて頂きたい。例えば、『大人びた女の子が布団とお尻をオシッコでビッショビッショに汚して、涙目でこちらを見つめながら「許して…」と懇願してくる』そんな感じーー。◆◆今作は『艦隊これくしょん』のおねしょ合同誌の第五弾。軍艦の擬人化...

続きを読む

プロフィール

Author:屈辱の湖
周りと違う僕はおかしいのだろうか。
こんな性癖誰にも理解されないのではないか。
どうやって新しいオカズを手に入れればいいのか。
分からぬまま悶々と欲望を募らせていましたがーーとうとう見つけました。僕のたぎる思いを満たすことが出来るのは、

〝少女のおもらし〟だと。

Twitter
https://twitter.com/mashiroirosymp1