FC2ブログ

記事一覧

《107》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー16 小型

(……やっぱり何もない)俺は緊張を解きながら立ち上がり、その個室内を徹底的に隅々まで調べた。しかし、何も見つからなかった。(やっぱり、僕の思い過ごしか……)僕は安堵しながら、そのトイレから出ようとした。矢行先生への謝罪の言葉を考えようとしたところで、あるものが目に入った。(……コンセント?)それは、丁度白便器のすぐ横のタイルに備え付けられていた電気コンセントだった。入ったときは見逃していたが、考えるとお...

続きを読む

《106》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー15 金隠

僕は少し身構えながら、立ち塞がるようにトイレの入口にもたれかかる彼女に懇願した。僕の言葉に、彼女は硬い表情で答えた。やはり無理か、そりゃそうだ。僕はつい今しがた後先考えず、男禁制の女性用トイレに入ってしまい、あろうことか矢行先生の排泄音まで聴いてしまったのだ。白い扉に閉ざされていたとはいえ、上下にはしっかりと隙間もあるし反応から彼女もそれに気付いているはず(何なら、扉を隔てて会話もしたし)。知らな...

続きを読む

《105》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー14 機嫌

「翔姉ェ! 待って、ダメだ! 入っちゃダメだ!」僕は迷わずその扉を激しくノックした。しかし、スライド式の鍵は当然の如く閉め切られてうちり、ビクともしない。「……え!? タ、タロウ? 何してんの? ここ、女子トイレだよ!?」彼女の驚いた声がトイレ中にこだまする。さすがに慌てた様子で、内部からドカンと何かをぶつけたような音がした。「え、あ、イヤ……と、とにかく出て下さい! 分かったかもしれないんです! 犯人の本...

続きを読む

《104》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー13 目的

(何だ、トイレに行きたかったのか)何か感じ取った僕の視線に気付き、彼女は立ち止まった。恥ずかしそうに手で頬をかいてみせる。「あー……アハハ、別に今は着いてこなくても良かったのになー。ちょっと外の風に当たっていたら催してきちゃってさ。でも、ありがとうね。詳しいことはまた明日にでも話そうか。じゃ」それだけ言うと、彼女は逃げるようにトイレの扉を閉めてしまった。勝手に連れ回しておいて素っ気ないな、と苦笑混じ...

続きを読む

《103》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー12 中古

「じゃあもしかして……犯人はこの学園の卒業生とか?」「そうとは限らないわ、見て」職員玄関で僕がスリッパに履き替えるのに手間取っている間に、彼女はスマホを操作(この時間帯は教員でもスマホはロッカーに入れておくのが規則のはずなのだが)し、あるページを開いていた。僕は差し出されたスマホを覗き見る。「〝中古制服販売〟……?」「使用済み制服専門の買取ネットショップよ。それよりもここ見て」彼女が指したのは『オスス...

続きを読む

《102》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー11 核心

「なるほど、じゃあ来校者と我々不審者の区別はどうやってつけているんですか?」矢行先生は少し声を低くして詰問するかのように、彼女に問う。「区別……といいますか、私達はこの学校に配属される前に、教職員の皆様と関係者の方々の名前を全員覚えるように義務付けられているんです」苦労を思いだすかのように答える名塚さん。なるほど。さっき僕らが入ってきたとき、矢行先生はすぐに反応したのに、僕には一瞬の間があった。恐ら...

続きを読む

《101》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー10 名塚

◆◆警備員室のドアを開けると、学校内部とは違う独特の匂いがした。目に入るのはロッカー二つと、中央に置かれた丸テーブル。正門が良く見える大窓とその前に備え付けられたディスプレイモニター。監視カメラの映像が映し出されているのだろう。広い造りではないが、さほど物が置かれていないため狭苦しい印象はない。「あぁ矢行先生、お疲れ様です。……それと、築月先生」警備員室には、監視カメラの映像をチラチラ確認しながら、書...

続きを読む

《100》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー9 正義

彼女の考えは、なるほど的を得ていた。ただでさえ彼女はあの事件を乗り越え、一歩を踏み始めたばかりなのだ。そんな中自分の下着が、しかも過去のしくじりの戦利品ともなれば計り知れないショックを感じるのは必須だ。ここ数週間で、彼女と長く向き合ってきた者なら皆同じ考えのはず。「このこと、誰かに言ったんですか?」「校長には話したわ。後はあなただけよ。だから他言無用で、って言ったの」つまり三人だけか。……リンコには...

続きを読む

《99》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー8 秘密

◆◆教室の真ん中に彼女は立っていた。放課後なのか、僕達の他に周りには誰もいない。虚ろな表情の彼女は、ゆっくりと顔を上げ、教壇に立つ僕を見ながら言った。『ゴメンなさい……オシッコ漏れちゃいました……』自分の罪を告白するかのように言葉を紡ぎ出す彼女の瞳からは、ボロボロと涙が零れ始めた。僕はゆっくりと視線を下に向ける。彼女の制服のスカートの前部分は著しく濡れており、誰が見ても〝お漏らししてしまった〟と分かるも...

続きを読む

《98》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー7 渦中

前述した〝とある事件〟の、僕は渦中にいた。しかし、その原因……というか、全てのいきさつとなったのは、僕のクラスの女子生徒・桃瀬楽久美の授業中の失敗だった。1ー3組のクラス委員であり、全体のまとめ役であった桃瀬さんは、絵に描いたような優等生タイプで、責任感も強く、何事も率先して動く真面目な女子生徒だった。しかしつい先日、彼女は授業中にありえない醜態を晒してしまったのだ。生理現象、つまり人間なら誰にも起...

続きを読む

《97》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー6 常備

対策チームのメンバーは、校長・教頭含め、学年主任の先生方と、生徒指導の教員数人、そして被害者生徒を受け持つ担任の教員なのだが、何故か1-3組からは副担任のリンコが選ばれた。確かに彼女は、学園の風紀を守る委員会の顧問でもあるし、こういう問題には適任だと思うけど……何だか複雑な気分。「まぁリンコも選ばれたことで張り切っているんだし。元気だせよ、太郎」リンコの後ろ姿をボーッと眺める姿が寂しそうに思われてし...

続きを読む

《96》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー5 武骨

そう、もしこれが本当に窃盗事件で犯人がいるのであれば、谷教頭にとっては相当頭の痛い問題である。何故なら、漆金学園は安全対策にも力を入れていることで有名な学校だからだ。まず、警備員が二十四時間体制で正門に常駐しており、そこには監視カメラも設置されている。生徒の登下校時にも安全を確保するために常に目を光らせており、関係者以外の人間が本校に入るには、守衛室で渡される入校証の使用が義務付けられている。「……...

続きを読む

《95》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー4 下着

見た目に違わぬ、透き通った威圧感のある声で先生方を見回す。僕は一瞬で気圧されてしまったが、三木村先生は毅然とした態度で彼女に声を掛けた。「それはどういうことだ。まさか、お前さんのところもか?」三木村先生の言葉に、矢行先生は「ハイ」とだけ答えた。その場にいた教師らは深い溜め息をついたが、僕は訝しげに彼女を見つめた。彼女は見た目通りの養護教諭だ。体育教師の資格も持っているため、臨時で体育の授業を受け持...

続きを読む

《94》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー3 年長

「じゃあおたくのクラスも……?」「そうなんですよ。HR中に騒ぎになってて……」「私のとこもです。これってやっぱり伝えるべきですよね……?」漆金学園の職員室は、従来のそれよりも解放感がある造りとなっており、机の配置は教室で給食を食べるときに班同士で机を向かいあわせるように並べたものに近い。その、主に一年生を受け持つ教員らが集まるエリアで、数人の先生らが深刻そうに話し合っているのが見えた。とても無視出来る雰...

続きを読む

《93》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー2 悪態

溜め息を吐きながら生徒らを諌めるリンコ。それを眺めていると、背後から僕の名前を呼ばれた。振り向くと、やはり生徒が立っていた。今度は男子生徒だったが。「僕の漢字のプリント……持ってたりしませんよね?」僕に話しかけたのは、スポーツ刈りの男子生徒。頭をポリポリかきながら、少し困ったようや顔付きをしていた。「漢字のプリント? いや、持ってないよ。授業前にみんなに渡したでしょ?」今日の三時間目が僕の授業。課題...

続きを読む

《92》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(3)ー1 週間

いよいよテスト週間が始まった。この一週間はテスト前ということで、全ての部活が活動停止となる。この期間中の放課後の過ごし方は、人それぞれ全く違う。さっさと家に帰って一人で勉強に励む生徒や、教室に残って友人らと共に勉強に取り組む生徒も多い。そして職員室には多数の教員が座って、テスト作りに精を出す。部活も無く、帰る生徒も多いので、ホッと出来るひと時という先生もいるので、こちらも人それぞれである。僕はとい...

続きを読む

《91》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(2)-5 馬鹿

「太郎くん! 落ち着きなさい、何やってるんだ!! 」放り出されるように廊下へと弾き出された僕は、前につんのめりそうになったがすんでのところで堪えた。そして、溢れる感情を身体から隠すことなく、しかし決して表情には出さないように中西さんを睨め付けた。「……何をって……見て分かんないんですか。デキの悪い連中に教えてやったんですよ、傷付けられた子の苦しみを……」「馬鹿モノ! 暴力では何も解決しない! ……君なら……それ...

続きを読む

《90》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(2)-4 退場

「ヒッグ……ごめんなさい……ヒッグ……ヒッグ……」彼女の今日の服装は、飾り気のないTシャツに使い古されたようなハーフパンツ。施設の子供達は金銭面に苦労しているものが多く、寄付によって集まった、誰かのお古を着用しているものが多かった。当然オシャレも出来ないし、贅沢を言う子もいない。そのハーフパンツは、彼女の吸収しきれなかったオシッコで無惨な状態を晒していた。クロッチ部分は勿論のこと、お尻、裾、さらには靴下と...

続きを読む

《89》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(2)-3 苦手

◆◆ドス黒い雲が天を覆い、そこから降り続ける雨は徐々に勢いを失ってはいる。しかし、大雨であることは変わりなく、僕らは施設入口の雨避けの屋根の下にいた。数メートル先には、存在感のある高そうな黒い車が停められており、その前に運転手らしき白髪の老人が傘を手に立っていた。「じゃあ、私はこれで。太郎君、君に会えて良かったよ。例の話、前向きに検討してくれたまえよ」それだけ言うと、築月氏は目で運転手の老人に合図を...

続きを読む

プロフィール

Author:屈辱の湖
周りと違う僕はおかしいのだろうか。
こんな性癖誰にも理解されないのではないか。
どうやって新しいオカズを手に入れればいいのか。
分からぬまま悶々と欲望を募らせていましたがーーとうとう見つけました。僕のたぎる思いを満たすことが出来るのは、

〝少女のおもらし〟だと。

Twitter
https://twitter.com/mashiroirosymp1