FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《51》【僕のジョボ女簿日誌】 「第一話 学園(エデン)は檻の中」(9)ー6 決意

僕は困り顔で立ち尽くす彼女の腕を掴むと、引きずるように少しずつ歩を進め始めた。

「え……でも……オシッコが……見られちゃう」

彼女も一緒に歩き始めたが、その足取りは重い。僕は彼女に合わせるようにスピードを落とす。

「大丈夫、こんな時間だよ。見られても気付かないよ。家に帰ったらすぐにシャワーを浴びて、今日はもう遅いからーー」

「オシッコパンツあげるからね」

彼女は僕に腕を絡ませてきた。彼女の不安げな吐息が耳元に触れる。
彼女が何か話しかけてきたが、僕はそれを無視して頭の中で決意を固めていた。
そうだ、迷うことない。明日少し謝るだけでいい。それで周りが納得するなら、それでいいじゃないか。
僕は守らなくちゃいけない。自分の生活を。自分の日常を。そして、自分の姉と〝なった〟この女性(ひと)を。

「オシッコジーンズもあげる。オシッコ靴下もあげる。一緒にシャワー浴びよう? オッパイ触っていいから。お尻揉んでいいから。アソコもいっぱい見てもいいから。だから」

「志美子」

僕は歩みを止めないまま、彼女に話しかける。彼女は急に名前を呼ばれビクッとしたが、

「とにかく今は、早く家に帰ろう。ね?」

その言葉と僕の表情を見て、安心したように顔をほころばせた。そして、自分の首をコテンと僕の肩に預けてきた。
アパートの玄関口の壁に付けられた鏡が、彼女の姿を映し出す。彼女のジーンズの後ろは、可哀想なくらいグッショリと濡れていた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:屈辱の湖
周りと違う僕はおかしいのだろうか。
こんな性癖誰にも理解されないのではないか。
どうやって新しいオカズを手に入れればいいのか。
分からぬまま悶々と欲望を募らせていましたがーーとうとう見つけました。僕のたぎる思いを満たすことが出来るのは、

〝少女のおもらし〟だと。

Twitter
https://twitter.com/mashiroirosymp1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。