FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《52》【僕のジョボ女簿日誌】 「第一話 学園(エデン)は檻の中」(9.5) 休み時間・教室にて

「知ってるー? 明日の集会で築月ッチも喋るんだってー?」
「へー、ルーキー先生も? 何でだろうねー?」
「何かー、去年入った先生を代表して、スピーチするんだってー」
「え? 私が聞いてたのと違うよー。何か、この前の落書き事件について謝るって聞いたけど」
「うそー、築月ッチ無関係じゃん」
「何かー、あの教頭の差し金だって聞いたよ。PTAの偉い人とかが来るんだってー」
「あー、そういや会長ってテレビ出てるんだっけー。教育評論家とかでー」
「やりそー。あのオバさんならやりそー」
「でも、朝の写真はどう考えても、お子ちゃまセンセーのだよね」
「誰なんだろーねー、あの娘。多分ウチの学校の娘だよねー?」
「別にいいじゃん、ハグくらい。ねー?」
「やたらとテレビが騒いでるだけだしー。アタシ、タロー先生なら別にいいかも」
「アタシの方が背ェデカいし、逆に襲ってる風になっちゃうかもねー」
「でもマジで明日謝るワケ? みんなの前で?」
「かわいそー。先生かわいそー」

休み時間。私は黒板消しを片手にクラスの人間の話に耳を傾けていた。
人の噂とはこうも簡単に出回るものなのか。誰が流したのかとか、そんなことどうでもいい。
もし彼女らの話が本当なら、築月先生はただの被害者だ。可哀想すぎる。
女子生徒らは一通り話し終えると、すぐに別の話題で盛り上がり始めた。所詮その程度なのだ。いくら心ない言葉を並べたところで彼女らにとっては他人事。本気で心配することではないのだ。この私と違って。
でも私に何が出来る? 校長に話してみようか? イヤ、私の言葉なんて耳を貸さないだろう。むしろ話すとしたら、教頭の方だ。しかし、あの女性(ひと)は一度決めたことを覆すことはしないだろうし。
悔しい。あまりにも悔しい。こんなにも私は無力なのか。何か出来ることはないのか。
築月先生を……あの人を救える方法が。何か。何かないのか。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:屈辱の湖
周りと違う僕はおかしいのだろうか。
こんな性癖誰にも理解されないのではないか。
どうやって新しいオカズを手に入れればいいのか。
分からぬまま悶々と欲望を募らせていましたがーーとうとう見つけました。僕のたぎる思いを満たすことが出来るのは、

〝少女のおもらし〟だと。

Twitter
https://twitter.com/mashiroirosymp1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。