FC2ブログ

記事一覧

《110》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(4)ー3 不良

「お帰りなさい、見栄晴さん」数秒置いて奥の扉がガチャリと開き、スリッパの音を立てながら、上品そうな女性がこちらにやってきた。見た目では分からないが、若い風貌のわりに落ち着いた雰囲気を纏っており、清楚な色合いのデザインをしたエプロンが、彼女の魅力をより高めている。「今日は早めに食事の準備を頼む。折角だからそのときに紹介しようと思ったんだが……」築月氏が話し始める前に、すでに女性は「あら」と言いながら、...

続きを読む

《109》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(4)ー2 豪邸

僕は震える手のひらを強く握り締め、秘めやかな野望をメラメラと燃やしている彼の瞳を見ながら言った。「ご心配いりません。築……いえ、お父さん」初めて使う言葉にむず痒さを感じながら、僕は自分を支えるように膝を強く叩いた。二人だけの空間に、とんでもない緊張感が走る。「この度は僕を選んで頂き、本当にありがとうございます。僕は……一日でも早くお父さんのお仕事をお手伝い出来るように、精進したいと思います」探るような...

続きを読む

《108》【僕のジョボ女簿日誌】 「第二話 姉弟・接吻(シスター・キス)」(4)ー1 白紙

高級車って対面式なんだな。それが僕の最初の感想だった。お抱えの運転手に運転を任せ、自分は後部座席に乗るような人だ。さぞ内装も凄いんだろうなと思っていたが、広々とした空間に二人ずつ対面式の座席とは思っていなかったので、乗車する前から既に驚いていた。肘掛けのところには、ワイングラスも取り付けられており、仕事で使用するのかPC等も装備されている。またエンジン音や路面の振動も少ないく、周りの風景が進んでい...

続きを読む

おもらし作品ブックレビュー vol.1 『総天然色 失禁少女の基礎知識』

『総天然色 失禁少女の基礎知識』(2017/6/28/三和出版)『総天然色 失禁少女の基礎知識』を読んだ。本作はアダルト作品の老舗出版社・三和出版が発行しているライト・マニアック・テキストシリーズの最新作で、同名タイトルの三作品目。恥ずかしい話、私は自分をおもらしフェチストと自覚しておきながら、前二作を読んだことがない。つまり、これが僕にとって「おもらし」に関連する考察本は始めての経験ということになる。果たし...

続きを読む

エッセイ《4》 我慢して我慢して我慢して我慢して、それでも我慢しきれずおもらししてほしい

ここまで〝おもらし〟について色々と語ってきたが、やはりお漏らしの最大の魅力は「必死に我慢するが、どうしても我慢出来なくて失敗してしまい、大事な衣類を汚してしまう」ところにある。となると、問題はどの〝年代〟がおもらしするのが、一番興奮するのかということになってくる。一概におもらしフェチといっても、皆が皆同じではない。細分化してしまえば、年代・衣服・シチュエーション等、萌えるポイントはバラバラであるた...

続きを読む

プロフィール

Author:屈辱の湖
周りと違う僕はおかしいのだろうか。
こんな性癖誰にも理解されないのではないか。
どうやって新しいオカズを手に入れればいいのか。
分からぬまま悶々と欲望を募らせていましたがーーとうとう見つけました。僕のたぎる思いを満たすことが出来るのは、

〝少女のおもらし〟だと。

Twitter
https://twitter.com/mashiroirosymp1